天使ア―ト「懸命に生きるという事は、懸命に死に向かうという事」

こんばんは。
Spi×Artの中川昌美です。

今日は最近お客様の元へ飛び立った
「天使リーディングアート」をご感想とともにご紹介します。

「私たちの意識は、いつもそこにあるということを忘れないようにって思いました」

オーダーしてくださったのは、湘南でサロンを運営されている
「サロンK」の石田佳子さん<佳子さんのBLOGはこちら>

お届けした際のご感想の掲載許可をいただきました。

昌美さん こんにちは。
昨日、天使のアート、無事に届きました!

天使の絵、とっても気に入りました
羽の濃紺の色に惹かれました。
宇宙空間へ行ったことはないけど、そこにあるのは、静けさ、静寂、サイレンス。

私たちの意識は、いつもそこにあるということを忘れないようにって、思いました。
変わるように見えても、何も変わっていないこと。
ただ、あるということ。

 

今にフォーカスするということは、そういうことなんでしょねえ。
確かに、できないんですわたし!! いつも意識があっちいったり、こっち飛んだりと、
射手座にありがちな
でも、今を丁寧に生きるってことですね。

本当に、素敵な絵と天使をありがとうございました!

佳子さん、素敵なご感想をありがとうございました。

↓動画も撮影してみました

天使を描きながら感じたメッセージは‘限りある命の美しさ’

リーディングで見えたのは羽の奥に広がる宇宙空間のような夜空。
そして、大きなクリスタル。

紺碧の羽を描きながら。
どこまでもどこまでも広がる宇宙を感じていました。

クリスタルを描きながら、永遠に生きる感覚を味わいました。

肉体を持って、生まれてきたという事
それは限りある命を持っているという事。

普段、意識しない命のことを
私たちはふとしたきっかけで思い出す。

天使から伝わってくるのは、
‘限りあるからこそ、命は輝いている’
私たち生き物への尊敬のまなざしでした。

その一瞬の輝きは流れ星のように
宇宙を照らし
生命の美しさを見せてくれる。

限りある肉体と
永遠の魂が融合した存在が
私たち。

今、この時を大切に生きる。
目の前にいる大切な人に想いを伝え
側にいてくれることへの感謝を伝え、
生きている自分の身体をいつくしむ。

生を懸命に味わう
それは、懸命に死に向かうという事。

生と死は、同じことなのだと天使は教えてくれました。

描かせていただきながら、私自身も‘生きる’姿勢を
もう一度正したくなるような
そんな気持ちになりました。

とても深い天使からのメッセージでしたね。

愛する人との今この瞬間は永遠ではないからこそ、
日々を大切に過ごしたいと思います。

佳子さんの毎日が天使とともに幸せな日々でありますように!

↓こちらは制作風景動画です

オーダーしてくださった佳子さんは、レイキの先生で星占いの先生でもあり。
私も過去「射手座のお茶会」や「蠍座のお茶会」などで
湘南のサロンにお邪魔したことがあります。
<その時のBLOGはアメブロに書いてます>

とっても素敵な方なので、みなさまもぜひ佳子さんのサロンを
訪れてみてくださいね!
私もまた、おうし座の会に行こうと思っています☆

■「天使リーディングアート」について詳しくはこちらからご覧いただけます
ただいま、2018年4月制作のご予約を受付中です。

今日もBLOGを読んでくださってありがとうございました。
明日もしあわせな一日をお過ごしください。

masami

現在の制作受付状況

■天使アート
■セッション付未来サキドリアート
■未来サキドリアート(アートのみ)
■「星のティアラ」遠隔ホロスコープヒーリング×惑星アート
■ヒーリングセッション

ただいま2018年4月からの制作ご予約を受付中です!

お問合せはこちらからどうぞ
■イベント、モニター募集など「お知らせメール」はこちら
■フォローお待ちしています!
facebook Spi×Art
facebook 中川 昌美
インスタグラムアカウント

関連記事

  1. 【5月制作受付終了】ただいま6月制作受付中!オーダーいただけるSpi×…

  2. 天使ア―トご感想「眺めていると嬉しくてふるふると心が震えます。」

  3. ただいま5月制作受付中!オーダーいただけるSpi×Artのヒーリングア…

  4. 「オーダーして描いてもらうということは、こんなにも嬉しいものなのかと感…

  5. 「あなたの天使をその場で描きますinオーストラリア」開催します!

  6. 【6月制作受付終了】ただいま7月制作受付中!オーダーいただけるSpi×…

  7. 『落ち込んでいた中、本当にタイミングよく届いてくれた天使さんに救われま…

  8. ただいまお申込みいただけるSpi×Artのオーダーメニュー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。