オラクルカード制作風景-11月のアトリエより

ツキゾラノオト さまと企画進行中の「天使オラクルカード」企画。
現在着々と原画に取り組んでおります。

 

みなさまと制作風景も共有したいなと思い、BLOGで制作の模様をお届けしています。
10月の制作風景はこちらです。

 

 

全部で44枚あり、今月で5枚の原画が完成。
まだ先が長いですが、完成後に原画展ができるといいなと思っています。
その時はぜひみなさまお越しください!!

 

 

原画を描いていると、絵からメッセージが降りてくような感覚があります。
オラクルカードの解釈はツキゾラノオト さまにお任せしているのですが、
私が感じたことも、BLOGに残しておこうと思います。

 

心の声は結局全部LOVE&PEACE

 

こちらのカードは、「心の声に耳を傾ける」というメッセージのイラストです。
周囲の音が閉ざされている海の底で、自分自身の声を聴いている天使。

 

この絵を描いている時。
なぜか旦那さまや彼氏の愚痴を言っている女性が頭に浮かんできました。

 

『〇〇をしてくれない』『もっと彼がこうだったらいいのに』
という愚痴を聞きながら、なぜそう思うの?
あなたはどうなりたいの?と繰り返し繰り返し、心の奥にある本音を聞き出していきます。

(セッションだと‘掘り下げ’と呼ばれる傾聴テクニックです)

 

すると、奥底にある想いは実は『あの人のことが大好きだ』という
ものすごくシンプルな愛の言葉だったりするのです。

 

愛しているから、憎める。
愛しているから、傷つく。
愛しているから、悲しい。

愛しているからこそ、執着するのです。

 

パートナーへの愚痴の言葉が実は、
全て愛の言葉であったことに描きながら気づきました。

 

実は、この‘愚痴をいう女性’は幼いころの私の母の姿でもあります。
子供の頃よく父の愚痴を聞かされました。
父の事が好きだった幼い私は、罪悪感で父と距離を置くようになり
男性に強烈な苦手意識を持つようになりました。

 

ですが、この天使アートを描いている時。
「あれは母なりの愛の表現だったんだ。」
と気づき、長年の心の重荷がほどけていく感覚を味わいました。

 

 

 

心の声は結局全部LOVE&PEACE

 

自分の心の声-腹の中はドロドロとした感情が詰まっているように感じていました。
ですが、本当に本当にとことん自分の声を聴いていった先にあるものは、
実は‘愛’というとてもピュアなエネルギーでしかなかったんだな…
と天使が伝えてきてくれたアートでした。

 

 

こうやって受け取ったものをBLOGやお客さまへのリーディングメッセージとして書く時は
受け取ったものをかみ砕いて、分かりやすく整理してお伝えしているのですが。

 

実際描いている時は、「つまり全部LOVE&PEACEなんだYO!」みたいな、
ラップ調のメッセージとして来ていて。
「は?何?なんなのそれ?」とちょっとウケつつ、メッセージを受け取りました。

 

天使って結構笑わせてくるんですよね。

 

 

…というわけで、引き続き制作していきますので、
今後もまた制作の模様をお届けします!

 

本日も最後までお読みくださりありがとうございました。
明日もしあわせな一日をお過ごしください♪

masami

 

現在の制作受付状況

■セッション付未来サキドリアート
■未来サキドリアート(アートのみ)
■「星のティアラ」遠隔ホロスコープヒーリング×惑星アート
■ヒーリングセッション 

ただいま2020年のご予約毎月1名様限定で受付ています!

 

 

お問合せはこちらからどうぞ
■イベント、モニター募集など「お知らせメール」はこちら
■フォローお待ちしています!
facebook Spi×Art
facebook 中川 昌美
インスタグラムアカウント

関連記事

  1. 天使オラクルカード制作中です!10月のアトリエより

  2. 2020年もよろしくお願いいたします。12月のアトリエ制作風景をお届け…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。