「地下にたくさんのクリスタルが埋まっている?」と言われる土地で変わった自然環境への意識

こんばんは。
Spi×Artの中川 昌美です!

最近鼻の穴のまわりに塗って花粉を寄せ付けない
ジェルをゲットしました。
これだけでは防げないけど、使わないよりは全然イイです!
海外初開催!その場で描きますイベントinオーストラリア
無事に開催しました~~!!

<開催レポートはこちらです>

今日は、オーストラリアにたったの数日ですが
住んでみて気づいた環境への意識についてBLOGに
書いておきたいと思います。

地下にクリスタルが埋まった土地に住む人たちの意識

私がマラムビンビー(以下マラム)で借りていたお家↓

今回宿泊をホテルではなく、Airbnb(民泊)で予約したので、
より住んでいる方たちに近い感覚での滞在ができたように思います。

オーストラリアの方たちは、自然環境に対する意識がとても高くて。
食べ物の品質や、化粧品、洗剤や着るものなど
身の回りのものすべてに対して‘ナチュラル‘にこだわっているのが
今回の旅行でビックリしたことの一つです。

私が滞在していたバイロンベイやマラムビンビー
周辺の方たちは特に意識が高いそうです。

家をでるとすぐに、三角形のとんがった山
「Mount Chincogan」が見えます。
私はこの山の名前を知らなかったので、
勝手に「おにぎり山」と呼んでいました・笑

バイロンベイ周辺の地下には
たくさんのクリスタルが埋まっていて。(すごい!)
山の中で瞑想すると、クリスタルの音が聞こえるのだそうです。

ここに住む人たちが環境への意識が特に高いのは、
そんな土地のエネルギーの高い場所に
惹かれた人たちだからかもしれません。

パワースポットに住んでいるようなものですよね。

買い物をすると、日本との意識の違いが明らかに!!

下の写真は、マラムでランチに買ったローストビーフサンド。
「テイクアウェイ(=テイクアウト)文化」のあるオーストラリア。

私もお店の中では食べず、
買って街の中や家の庭で食べる事が多かったです。

オーストラリアの食べ物は野菜中心で、
新鮮なオーガニック食材なので、暑い中持ち歩いても
ぜんぜん傷まなくてビックリしました!!

日本だったら絶対に腐っていると思う…
新鮮な食べ物を使っていないから、
添加物が多くなってしまうんですよね。

日本で食べる野菜に比べても青臭さがなくおいしくて
野菜が苦手な私は本当にびっくりしました。

マラムで開かれているファーマーズマーケットでは
新鮮な野菜やフルーツ、スイーツなどが買えます。

マーケットでも街でも食べ物を買っても
紙に挟んで「ハイ!」って感じの渡され方なので
はじめはビックリしました。
ソースしみてくるよ!^^

プラスチック製の包装はほとんど見なくて、
(あ、スーパーでは言えばビニールもくれます)
ストローも紙なので、早く飲まないとふやけます・笑

↓Sayaさんが差し入れしてくれたマーケットのぶどう。
おいしさと味の濃さにビックリ!!

自然の美しさを知っているオーストラリアの人たち

初日、近所のスーパーマーケット「Wool worths」からの帰り道。
夕焼けを撮影していたら、見知らぬ男の子に
「Hi 美しい夕日だよね」と話かけられました。

そして翌朝は、家の前の道で空を観ながら歩いている
マダムがいたので、私も空を見上げてみると
鷲が上空を飛んでいて

「気持ちよさそうに飛んでるのを見るのが好きなの」
と言いながら、一緒に並んで鷲の旋回をしばらく眺めていました。

美しいと感じた気持ちをシェアしてくれる感じ…♥
すごく印象的でしたね。

他にも日本で例えるなら、雀のようにそこいらじゅうにいる
インコの写真を私が撮っているのを、
嬉しそうに目を細めてみている
おじさまがいたり・笑

オーストラリアの自然環境を
みんなが大好きで誇りに思っていて、
それを守ることに対して
熱~い気持ちをビシビシと感じました!

私が家を借りていたマラムの街も、
数メートルおきにゴミ箱があり
リサイクル可能な資源とその他のごみにしっかり分別されていました。

ネットで調べてみると、オーストラリアは移民の国で
たくさんの異文化の人たちが入ってきて
自然環境が破壊されることが問題となっていたそうです。

いつからこういった取り組みをしているんでしょうね?
この話、もっと現地の方たちに聞けばよかった~!

次に行ったら、もっと環境への取り組みについても
リサーチしてみたいですね。

私は日本で接客業をしていますが、
「商品をあんなに包む必要あるかな?」
と帰ってきてからよく思ってしまいます。

日本の商品はすでにパッケージングされていることが多いので
レジ袋に入れなくてもいいと思うし、
コンビニなどでもガムとか小さなものを買っても
絶対袋に入れてくれますよね。

前は店員さんが入れてくれようとしているのに
断るのもちょっと面倒だな…と思ってもらっていましたが、
帰ってきてからは、なるべくエコバッグを使うように気をつけてみました。
ほんの些細なことですが、日本も変わってほしいと思います。

Spi×Artの商品はあまり包装するようなものではありませんが
お手紙を入れる封筒や便箋などの紙製品には
何か工夫していきたいなと考えているところです。

オーストラリア日記はあと3回で終了の予定です。
また後日、スピリチュアルなテーマパーク
「クリスタルキャッスル」の模様をお届けしますね。

↓家から少し歩いたところに、こうもりの森がありました。
鈴なりのコウモリの大群…にドキドキ!!

今日もBLOGを読んでくださってありがとうございました。
明日もしあわせな一日をお過ごしください♡

masami

現在の制作受付状況

■セッション付未来サキドリアート
■未来サキドリアート(アートのみ)
■天使アート
■「星のティアラ」遠隔ホロスコープヒーリング×惑星アート
■ヒーリングセッション
ただいま2018年5月からの制作ご予約を受付中です!

お問合せはこちらからどうぞ
■イベント、モニター募集など「お知らせメール」はこちら
■フォロー、いいね!お待ちしています~
facebook Spi×Art
facebook 中川 昌美
インスタグラムアカウント

関連記事

  1. ヒーラーになる方法「ヒーラーはいっぱいいるから自分には無理」と思った時…

  2. 「スピリチュアルテーマパーク!?」と言われているクリスタルキャッスルに…

  3. ‵自分の事が嫌い’の変え方「いい子を演じてしまう私も、私の一部」

  4. facebookがつないでくれた、海外のマーケットで描きたい!という夢…

  5. 今、この瞬間をしあわせにするためのスピリチュアル

  6. 本当のわたしの見つけ方「今の私は、本当の私じゃない!」と言ってしまうの…

  7. マーメイドがいそうなオーストラリアの海「ブランズウィック・ヘッズ」でア…

  8. 好きな事の見つけ方⑤好きなものを辞める時「いつかまたやれたらいいな」と…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。