私の卵巣嚢腫の事②ピルを服用すると、毎日から楽しみや喜びが消えていった

前回のブログから、私が罹った病気‘卵巣嚢腫’について
ヒーリング体験を交えてお話ししています。

前回のブログはこちらから読めます。

今日はこの病気がはじまった頃の私がどんな状況にあったか
書いておきたいと思います。
これがまさしく、シータヒーリングでいうところの「病気が語ること」だと私は思うのです。

卵巣嚢腫が見つかったときの私の恋愛事情

病気になる少し前、私は当時付き合っていた彼と別れました。
円満な別れ方ではなく、私は表面上変わりなく毎日を過ごしていましたが、
内心深く落ち込み傷付いていました。

その時、私が何に一番落ち込んだかというと
「この年で彼氏と別れてしまったら、きっともう子供は産めない。
私の人生には母親になるというプログラムがないんだ。という事でした。

正直にいうと、別れた事そのもののショックより
「子供を産める可能性がなくなった」という悲しみが強かったように思います。

女性にとって、子供を産めないという悲しみはとてもデリケートで奥の深い問題です。
家族や先祖からのプレッシャーも、もちろんありますが、
私はもっと本能的な、生物としての存在価値感にまで関わる悲しみだと感じました。

今の私からしたら、たった34歳で女性として終わったと思うなんて、
この考えは完全に間違いだったと思うのですが、
失恋のショックと、子供が産める年齢のリミットに年々近づいているという焦りで
私はとても傷つきやすくなっていたのです。

私がこう感じていたことが、病気の原因であったかどうかは分かりません。
なぜ病気になったのかを完璧に知る方法はないからです。
ただ、当時の私が自分の身体が老いていくという事に過剰に恐怖心を抱いていたのは確かです。

ピルを飲み始めると「女として終わった」という悲しみが沸いてきた

私は20代の頃は結婚願望が強く、
当たり前のように自分は30代になる前に子供を生んで母になるだろうと思っていました。

20代の終わりに、仕事のストレスで会社を辞めて絵の道に戻ってきて、
それからは自分の夢を追いかけることに必死で、
母親になりたかった私の声は聞こえなくなっていました。

ところが、30代になったとたんに、あちこちから「卵子が老化して産めなくなる」
「後で後悔しないように35歳までに産んでおけ。」「働きながら産んで育てろ。」
とメディアがものすごく煽ってくるのです。

これには本当に翻弄されてしまいました。

普段ならあまりメディアの情報は気にしない方なのですが、
(引っ越してからTVを持っていないくらいです)
老いる事への恐怖心も手伝って、
色んな情報を積極的に取り込んでしまいました。

だからこそ、彼氏と別れただけでまだ30代なのに
「女として終わった」と思い込んでしまったのです。

「女として終わった」という気持ちのまま、
ピルを服用して生理を止めると、
本当に自分は終わったような気持ちになり、その頃はよく泣いていました。

ピルの影響でホルモンバランスが変化していたので、もしかしたら
身体が本当に「終わったー!」と感じていたのかもしれませんね。

気になる新たな男性の登場に、さらに悩む…

ピルを服用しているうちに、気になる男性が現れました。
ですが、身体は完全に次の恋愛拒否をしていました。
もう人を好きになって傷付きたくなかったからです。

自然に沸いてくる好きな気持ちをぐっと押さえ、なんとも思っていないふりをしていました。
時々、隠そうとするあまりひどく冷たい態度を取ってしまって、
さらに自己嫌悪で落ち込むこともありました。

「私はもう女として終わってるんだ」

こう思い込む事で、一生懸命に次の恋愛を遠ざけようとしていたのですが、
自分の中に女性でありたい自分と、もう女性でいたくない、二人の自分がいました。

異性を好きになるのって、半分以上、子宮の力なんだと思うんです。
本能的に恋に落ちるというか。
ここでも、また身体の状況と心の状態がリンクしていました。

恋愛だけを締め出そうとしたら、喜びや幸せも全部なくなった

ピルを毎月1シート2シート3シート…と服用を続けていくうちに、
自分が無気力になっている事に私は気づいていませんでした。

今まで楽しかった事も、一切やりたくなくなり、
仲が良かった友達からのLINEや、SNSでのコミュニケーションが億劫になりました。
Facebookのアカウントを停止してしまったのもこの頃です。

ちなみにその頃に書いたfacebookの休み方はこちらです↓今は復活しています。

自分の世界から何もかもが、急に色を失ったように見えました。
散歩して綺麗な花が咲いているのを見ても、何も感じられなくなり、
生きている喜びが全くなくなったように思えました。

恋愛だけを遠ざけようとしていたのに、
すべての幸せや喜びを、私は締め出してしまっていたのです。

脳は特定の感情だけを選んで押し込める、なんて
器用なことはできないのかもしれません。

そもそも、私が幸せを感じるものは、女性であることを土台に形作られているものでもあったのです。
メイクやファッションなどの楽しみや好きなもの、美的感性や創作意欲も、
私が女性であることと密接に関わっていたことに、当時の私は気づいていませんでした。

ピンチ!創作の要・第三の目が使えなくなった

自分の毎日に、どんどん感情が欠落していきました。
何より、1番私を困らせたのは直感力が使えなくなってしまった事です。

第3の目がぴったりと閉じてしまっていて、
何も見えない・聞こえない・感じない状態は私にとって苦しい事でした。
(私の創作活動の源は、この第三の目なのです。)

この異変がピルの副作用によるものだと気づかせてくれたのは、
私のヒーリングの先生でした。

ピルの副作用にはこんな気持ちになることは書いてありませんでしたから、
自分では薬の影響だとは全く思っていませんでした。

当時はセッションに行くことすらしんどくなってしまい、
予約しては「やっぱりキャンセルします」と言って辞めてしまったりして、
いつもの私の様子をよく知っている先生だったからこそ、
私の異変にいち早く気付いてくれました。

思い切ってピルを飲むのを止めてみたら…

副作用を疑いピルをやめると、日常に少しずつ彩りが戻ってきました。

ピルを辞めた初めての満月の夜、月明かりの下を歩いていたら、
おでこがむずむずとしてきて、第3の目がぱっくりと開いたような気がしました。

この後は創作中もリーディングでも、以前よりかなりハッキリと視えるようになりました。
開きのぱっくり具合が違うというか、第3の目そのものがすごくクリアな状態が続いています。

その後漢方薬での治療に完全に切り替え、冷えを中心に治療していきました。
そして、1年半後。婦人科の検査で卵巣嚢腫は消えてなくなっていました。

後日更新のブログに続きます。
↓更新しました

BLOGの更新情報は、facebook Spi×Artにてお流ししています。
「いいね!」を押すとタイムラインにお届けします。

本日もお読みいただきありがとうございました。
明日もしあわせな一日をお過ごしください♪

masami

セッションでじっくり今のお悩みをヒアリング
あなだけのオリジナルの幸せな未来を描きます!

セッション付未来サキドリアート11月制作受付中です!

 

現在の制作受付状況

■天使アート
■セッション付未来サキドリアート
■未来サキドリアート(アートのみ)
■「星のティアラ」遠隔ホロスコープヒーリング×惑星アート
■ヒーリングセッション
ただいま2019年11月~の制作ご予約を受付中です!

お問合せはこちらからどうぞ
■イベント、モニター募集など「お知らせメール」はこちら
■フォローお待ちしています!
facebook Spi×Art
facebook 中川 昌美
インスタグラムアカウント

関連記事

  1. 梅雨の時期だからこそ楽しめる「アジサイ、アロマ、そしてブルーとパープル…

  2. インフルエンザに罹ったら…「でも私は休めない!」その想いを見直して

  3. 最近のアトリエから「植物たちのチカラを感じながら制作しています」

  4. 嵐山ラベンダーまつりで植物の癒しを惜しみなく頂く旅

  5. 変わりたいのに変わりたくない理由がいくつも浮かぶあなたへ

  6. 美人よりもイケメンよりも、人の魅力は表情で決まる。

  7. 「誰かの曇った心の虹になれるように努力しましょう。」マヤ・アンジェロウ…

  8. 嵐山ラベンダーまつりの白いラベンダーで浄化ポット作り

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。